Red Wing Shoes

レザー別 レッド・ウィング シューケアガイド

ヌバック・タイプ・レザー

例えば・・・

レザーの表面の固い層(銀面)を擦って、かすかなケバ立ちを与えてあるのが「ヌバック」タイプのレザーです。通常のオイルやクリームでは色が濃くなったり、含まれているワックス分が表面のケバ立ちを寝かせてしまうため、オイルが控えめでワックス分を含まないシューケア製品を使う必要があります。

時々、オイルを足してあげるのが、シューケアのポイントです。

シューケア方法の動画を視聴する

使用するシューケア製品

シューケアの手順

「ヌバック/スエード・クリーナー」に付属しているナイロンブラシ、または「ブラシ」で表面のホコリや汚れを落とします。
特にコバ周りやベロはホコリが溜まりやすい場所です。オイルやクリームを塗る前に、シューレースをはずして、こうした部分のホコリも落としてください。

汚れが気になる部分は、「ヌバック/スエード・クリーナー」に付属しているラバーを消しゴムのように擦って落としてください。ラバーを使い終わったら、再度ブラッシングしてカスをきれいに落としてください。

※汚れが酷い場合には「フォーム・レザークリーナー」で洗ってからお手入れしてください。(「フォーム・レザークリーナーによるクリーニング」ページを参照)

「ブーツ・ケアクロス」を指に巻き、「レザークリーム」を少量取り、薄く全体に塗布してください。
表面を軽くなでるように薄く塗り広げるのがポイントです。

「レザークリーム」は、オイルや一般的な乳化性クリームに含まれているワックス分を含んでいません。更にオイル分をマイルドに配合しているため、表面のケバ立ちを寝かせてしまう心配が少ないので、ヌバック系レザーの風合いを変えることなくケアすることができます。

表面が少し乾いてきたら、「ヌバック/スエード・クリーナー」に付属しているナイロンブラシで全体をブラッシングしてください。
表面の毛を起こすようなイメージでブラッシングすると、革の表面がケバ立ち、本来のざらついた風合いが出てきます。

シューケア方法の動画